ホワイトホール

Pocket

寂しいとき、嬉しいとき、感謝するとき、
眠りにつくとき、安堵したとき、祈るとき、
いつもいつでも心の中で話しかける。
そう、私の中でクロは神になった。
居ようが居まいが 既に心の構成要素に入っている
寛ぐとき 寝入る瞬間  歩いていてふと気分が変わる瞬間
そこに黒っぽいまだらの温かい毛皮の面影がある
『クロ』そう発声すると達成感 充実感 満足感 が沸きあがってくる
呪文
掃除機にクロの毛が残っていて悲しくなる
クロの形跡が消えて行くのは
更に悲しい
クロのおかげで、大切な事に気づかされた
私は何か大いに大切なものを見失っていた
あたかも光輝くホワイトホールを、『透明だから見ない』と言いはっているかのように。
そして自分のためにならない役に立たないゴミカスを後生大事に抱えていたのだ
もし君が私をおいてどこかに行ってしまうなら 私の魂を半分以上持っていってくれ
私は欠落から再生して生まれ変わるから
どこかの世界で再び巡りあって
君は毛の生えた龍になっている
優しく温かい竜になって
私を乗せてどこへでも行くのさ
もし君が私をおいてどこかに行ってしまうなら 君がくれた優しさを勇気に変えて
私に置いていってくれ
1人の夜でもきっと立ち向かえる
強くなれる
君がくれた優しさを心のナイフに変えて
私はいつでも安らかな眠りにつこう
だからいつも一緒
結局今でも いつまでも一緒
一緒 一緒
一緒に空を飛んでいるだけ
いつでも いつまでも
そう 遠い昔から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!