ベッキー、現在の結婚生活は?旦那はモテ男だがイクメン?いつ出産した?

Pocket

電撃公表に旦那もビックリ

ベッキー(1984/3/6~、所属:サンミュージック)さんは、2010年代半ばの全盛期よりこそ露出は少なくなりましたが、インスタフォロワー132万人、Twitter197万人と、現在も一流どころの知名度と人気があります。

ベッキーさんは2019年1月に元プロ野球選手でプロ野球コーチの片岡治大(やすゆき)さん(2005年~2012年は片岡 易之さん:1983/2/17~)と、婚姻届を提出し結婚しています。2019年2月13日に突如、ベッキーさんのSNSを通じて結婚が発表され、ベッキーさんの所属事務所・サンミュージックも、夫の片岡治大(やすゆき)さんもビックリしたという裏話があるそうです。後述の「2016ゲス不倫」の影響か、特に結婚式も披露宴も行わず、今後も未定のようです。

2018年に芸能界の共通の友人を介して知り合いますが、野球に詳しくないベッキーさんは片岡治大さんの事を知らず、片岡治大さんの方は10年越しのベッキーさんのファンだったそうです。片岡治大さんの猛アタックで同2018年6月より交際が始まり、約半年後にはスピード婚となります。

出典:https://honjitu.net/beki-kekon

2016年1月、週刊文春さんが報道した川谷絵音さんとの不倫劇では、元々ベッキーさんの方が川谷絵音さんのファンだったようです。2015年の10月の「ゲス乙女」のファンイベントで川谷絵音さんと面識を持ち、あろうことか川谷絵音さんが既婚者であることを隠して交際に至るという事態に陥りました。個人的にはアーティストっぽいナルシストな思考回路が招いた行動なのかな?と思ってしまいますが。

旦那様の片岡治大さんはスポーツマンであり、元々ベッキーさんのファンでもあり、ベッキーさんを傷つけるようなことはわざわざしなそうです。ベッキーさんも、一連の事件から学習をされたのかもしれません。ベッキーさんは片岡治大さんとの出会いの数週間前、「東野・岡村の旅猿~プライベートでごめんなさい~(日テレ)」の撮影で、東野幸治さん、岡村隆史さんと共に伊勢神宮近くの猿田彦神社に参拝した際、「素敵な出会いがありますように」とガッツリと長時間お願いしていたそうです。祈りの濃さに比例して願いはかなうのか、霊験あらたかですね。

https://twitter.com/hochi_baseball/status/1011319562967572480?s=20

盗塁王、イクメンでモテ男

片岡治大さんの本業での異名は、「盗塁王」です。単に足が速いだけではなく盗塁の技術が非常に高く、成功率が高いそうです。盗塁も、単純なようで頭脳プレイなんですね。引退後は「走塁コーチ」として読売ジャイアンツでなどで活動しています。既に生涯年俸は10億円を超えており、現在のコーチとしての年俸も数千万単位で、例えば原監督クラスではMax3億円ともなるそうなので、経済的にはまず裕福なようです。

しかし不安要素と言えば、片岡治大さんは実は、球界きってのモテ男なんだそうです。2013年には加藤綾子アナウンサー、2014年には竹内由恵アナウンサーと熱愛報道がされました。竹内由恵アナウンサーの際は、なんと当初猛アタックを仕掛けた片岡治大さんが交際わずか半年で浮気をし、竹内由恵さんはこの件がショックで「もう2度とスポーツ選手とは付き合いたくない」と話しているそうです(その後もバスケ選手の田臥雄太選手と熱愛報道がありましたが)。

このほか、公になっていないものも含めると、かなりのモテぶりのようです。これはベッキーさんも、少し心配になってしまいますね。

片岡治大さんはまた、「趣味が掃除」、「ペットの犬の糞を素手で受け止める」、家庭的な方なんだそうです。2020年3月に第1子が誕生してからは、おしめ交換もマメにしてくれるイクメンぶりなのだとか。ベッキーさんは、そんな片岡治大さんに、「ご飯の直後にポテチを食べる」など不満もあるそうです。

片岡治大さんからすると、ベッキーさんは、「なにか飲む?」「お風呂入ったら?」と長女的な世話焼きの圧が強いそうです(実際ベッキーさんは妹様がいらっしゃる長女みたいです)。片岡治大さんは3人兄弟の末っ子だそうで、世話焼き系女房とは相性がよいような気がしますが。

これからは女優として活躍?

2016年の一時期芸能活動自粛(一説ではCMなどの違約金5億とも言われています)から、徐々に確実に、活躍の場面を増やしているベッキーさん。ただ、以前主戦場だったバラエティではなく、女優の方をターゲットとしているように見受けられます。また、絵画アーティストとしても活動の幅を拡げています。芸能界・業界の中で信頼の厚いベッキーさんは、足元は盤石なようです。

これには、もちろん指原莉乃さんやフワさんなどの新勢力が台頭している事もありますが、2016年の不倫スキャンダルから、バラエティ番組の対象となる主婦層からの好感度が、まだ持ち直していないとも考えられています。「主婦層」の認識軸は、5年位の時間差ではぶれないのか、「主婦層」の裾野は幅広く、新陳代謝も少ないのかもしれません。

ベッキーさんは2019年11月に妊娠を発表し、2020年3月に第1子を出産されました。おめでとうございます!もし、あの2016年の事件さえなかったら、ママタレとして強靭な地位を築いていたかもしれません。少し残念ですが、苦労もして、人間の幅も3D的に奥行きがでたと思われますので、女優として、またママタレ枠を超えた文化人枠としてますます活躍が楽しみです。これからもベッキーさんに注目していきます!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)